敏感肌 保湿化粧水

敏感肌で保湿化粧水選びに迷ったら1度はお試して欲しい化粧水

敏感肌の方が保湿に使用する化粧水を選ぶのは本当に難しいです。
お肌が健康な方は、保湿効果の有無などを重視して化粧水を選びます。
しかし、敏感肌の方は、それ以前に『お肌への刺激などで負担になる成分が配合されてないか?』という部分を重視して選ばなくてはなりません。
保湿効果で肌コンディションを整えて、バリア機能やターンオーバーを正常に近づけるのが目的なのに、保湿化粧水が原因でかゆみや炎症など肌トラブルになってしまっては、全く意味がありません。また、保湿や美容効果を出す為の成分以外にも、化粧品のそのものを維持するために使われている、アルコール・香料・紫外線吸着剤・合成界面活性剤などが含まれてないか?なども気になってしまいます。
敏感肌の方の化粧品選びは、この条件をクリアしなければならないので、どうしても選択肢が少なくなってしまいます。
また、この条件をクリアできる敏感肌向きの低刺激な保湿化粧水の大半は、植物由来成分などオーガニック系の化粧水が多いと思います。
しかし、敏感肌の方でも、お肌の乾燥状態などの肌質は人それぞれで違うので、低刺激だけど保湿効果が実感できないという、ジレンマを感じる方も多いと言われています。

 

敏感肌の方が保湿目的で使用される化粧水選びは、どうしても選択範囲が狭くなってしまいます。
しかし、保湿をする目的が敏感肌の肌質を根本的な部分からケアして、バリア機能やターンーオーバーを正常にするという目的は変わりません。
そのために、最も有効な成分は健康な肌の人と同様にセラミドと言われています。
セラミドは角層の中にある、肌の母細胞同士の空間に存在して、スポンジのような役割で水分を貯め込みます。
こうして、角層が水分を含んでふくよかになることで、お肌のハリやツヤ、そして、美肌を形容するのに言われる『透明感のある肌』に近づけていきます。
そして、この水分と毛穴から分泌される皮脂が、外部の刺激からお肌を守るバリアとして働きます。
セラミドには、このような効果があるので、敏感肌の方が毎日のスキンケアに使用する化粧品の中には、必須の成分と言えます。
また、アトピー性皮膚炎の方は健康な肌の人に比べると、角層のなかにあるセラミド量は1/3位と言われています。
それだけセラミドは、お肌の健康状態を左右するのに重要な成分と言えます。

 

このように、敏感肌の方の肌トラブルを改善する保湿化粧水として、オススメしたいのが、ヘアメイクアーティストの濱田マサルさん著書の美容辞典でも紹介され、MOREでコスメ大賞受賞、敏感肌対策ガイドで1位、トライアルマーケットで1位などのメディアで1位を受賞した実績のあるdecencia製のつつむです。
何より、つつむを販売しているdecenciaは、化粧品メーカーでも知られる、POLA化粧品とORBISが敏感肌や乾燥肌の方に特化した、化粧品を製造・販売しているブランドです。
つつむには、先程のお肌の保湿効果を高めるのには欠かせないセラミドが配合されています。
そのセラミドも、人間の細胞が持っているセラミドに近く、最も上質なヒト型セラミドが配合されています。
敏感肌の方は肌表面が軽い炎症を起こしている状態なので、成分が角層の奥まで均等に浸透するのが難しいという問題がありますが、つつむのヒト型セラミドはナノサイズと言われる極小のカプセルに包まれて、角層の奥まで均等に浸透します。
また、敏感肌で肌表面が炎症を起こして不足気味になっている、保湿因子(NMF)を構成するのに効果的な、5種類のアミノ酸で形成されたアミノコンプレックスなども配合されています。
そして、ここまでの効果で角層内に貯えられた水分を肌の外に逃さない役割と、外部の刺激からお肌を守る2つの役割を持った、decenciaだけの敏感肌を守るための応用特許技術ヴァイタルサイクルヴェールが、バリア機能の代わりをします。
このような、敏感肌専門ブランドの保湿化粧水つつむには、30日間の返金保証対応で、14日間試せるトライアルセットがあります。
敏感肌が原因になっている肌トラブルのピリピリ感・つっぱり感・赤み・かゆみなどでお悩みの方は、一度、トライアルセットでつつむをお試しになっては、いかがでしょうか?